先日、枝豆が食べたくなり、スーパーで冷凍品を買ってきました。

枝豆というと、夏が定番ですが、この時期に食べても美味しく感じました。枝豆は自家菜園をしているので、大量にある時は軽く茹でて冷凍保存をしています。

なので、冬の時期でも枝豆を食べたい時に食べることができて便利です。かなりひさしぶりに枝豆とビールという組み合わせを楽しみました。

冷凍品は季節を問わずに食べることができるのでとても便利です。私は時々、冷凍食品やレトルト食品を利用しています。

食事を作るのが面倒な時や、旬以外の食品を食べたい時などです。先日も無性にカレーが食べたくなったのですが、家族は誰もカレーを食べない様子でした。

そこで、一人分を作るよりもレトルト食品を利用したほうが良いと思い、さっそく買ってきて食べました。久しぶりということもあり、とても美味しかったです。

家族は辛いものが苦手なので、なかなか辛いものを食卓に出すことができません。そこで、自分の分だけ、トウガラシやラー油、または山葵や胡椒などで、自分の分だけ味付けをして食べています。

食の好みは人それぞれです。誰もが同じような味の好みだったら良いのですが、そうでない場合は別々に作るか、誰かの好みに寄せて作らないといけません。

長年、食事を作っていると、時々それが面倒に感じることがあります。昨年は作り置きおかずにも挑戦して、しばらくそれを続けました。

私はとても便利な方法だと思ったのですが、家族はストックおかずが何日も続くのが嫌だったようで、そのうちに不平不満が出てきてしまいました。結局、食べたいものをそのつど作る方が、良いことが分かり、今は面倒でもそうするようにしています。